先日,駅で痴漢に遭い警察に被害届を提出しました。その後,被疑者側の弁護士から留守電が入っていたのですが,今後どうすればよいでしょうか?

先日,駅で痴漢に遭い警察に被害届を提出しました。その後,被疑者側の弁護士から留守電が入っていたのですが,今後どうすればよいでしょうか? 被害者としては,犯人を処罰して欲しいという気持ちで被害届を出されたと思います。犯人に弁護士が就いた場合,弁護士はなるべく犯人の処罰を軽くしようとして被害者に示談をもちかけてきます。痴漢の場合,条例違反に該当すれば処分見通しは重くて罰金刑ですが,示談が成立すれば起訴猶予となって何も処罰されまま終わることになります。ですから示談をするか否かは被害者の処罰感情と直接関係してきます。

 示談をせずに,つまり慰謝料等の被害回復措置を求めずに弁護士の示談申し込みを拒絶しますと,犯人は罰金刑となります。罰金刑も前科になりますから犯人には打撃で,被害者の処罰感情は満足させられることになるかもしれません。しかし,犯人によっては罰金刑を何とも思わない者もいます。このような犯人は被害弁償にも積極的ではありませんから罰金を支払った後は何ら被害回復の措置も誠意も見せないでしょう。そのことを考えると,処分確定前に示談をし,慰謝料等の被害回復を図っておいたほうがいいかもしれません。

 いずれにしても,犯人の弁護士に対しては,犯人が本当に心底反省しているのか,それとも事実を争っていたり,「やっていない」などと主張して罪を免れようとしているのかを確認してください。そのうえで,以上述べたような観点を加味しながら示談をすべきかどうかを判断されると良いでしょう。

 また相手は弁護士であって示談金等の条件に関して素人の足元を見て不公平な提案をしてくる可能性もありますので,被害者も弁護士のアドバイスを受けるなどして適正公正な示談交渉を進めるべきでしょう。


カテゴリー